ヘロQ23回公演!

劇団ヘロヘロQカムパニー 
第23回公演 電波ヒーローFINAL~夢みるチカラ~

シアターサンモール(新宿) 2010年4月24日(土) 18:30開場 19:00開演
【出演】B班 関 智一、高木 渉(客演)、小西克幸、林 智子、松本和子、上田伸哉、宇藤秀和、杉崎聡美 


これぞ!ヘロQ!熱き大人たちの物語…!
電波ヒーローはヘロQの看板作品!
今回はファイナルということで、Wキャストで公演していたのです。
関さんと高木さんが配役をチェンジして演じるという大胆チャレンジ!
まったく真逆のキャラの役、セリフを覚えて演じるなんて…。
単純に考えても2倍の労力…××
お二人もさることながら、それを受ける役者さんも大変…!

小西さんは本当に大変だったと思います。
どちらの配役のときも彼らのリアクションにこたえて演技するわけですからね。
演じる人によっても全然違うし、その時々でも演技が違うはずですからあおれに合わせてかえすってどんだけ稽古したんでしょうか…。
演じることへの情熱を感じましたね。

私が見たのは関さんが古澤、高木さんが柴崎という配役のBチーム。
どちらも本当に素敵でした。

高木さんの劇中劇の少年役は笑いましたね~!!
最高すぎですよ、本当。

関さんの古澤は夢に熱く、まっすぐな人で、なんというか少年の心をもった男性でした。
高木さんの柴崎は一見すると嫌なやつ。現実的で頑固で、夢や理想なんてばかばかしい!っておもってるんですよね。でも、仕事に対する強い信念をもったかっこいい大人なんです。

相反する二人だけれど、根っこの部分はおんなじ。
ただ、戦うフィールドが違うからぶつかっちゃうだけ。
でも、そんな二人が同じ目標に向かって進んだら怖いものはない!

ラストの演出が本当に凝っていて素晴らしかったです!
なんと、スクリーンに劇中で作られたアニメ作品が映し出されるんです!
で、エンドクレジットにはもちろんプロデューサーと監督のところに古澤と柴崎の名が…!
憎い演出ですよね★

舞台ってこんなに面白いんだ!って再度思わせてくれたヘロQ!
ここから私の舞台熱に火が付きましたね!
次回公演も絶対見に行きます~♪
[PR]

by summer-snow623 | 2010-04-24 23:13 | 舞台★